2015年10月04日

FRIDAY 10/16号

151004_0125~01.jpg 1ページだけですが紗々ちゃんグラビアあり。「彼女ほどマルチに活躍したヌードルは他に例を見ない」、まさにその通り!
posted by DEEP ACID at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

範田紗々 with DJ SASAライブ「孤独じゃないグルメ」@下北沢・ろくでもない夜

150921_1741~02.jpg と言うことでまたしても下北沢・ろくでもない夜(18日ではないのが謎:-))。相変わらず電車の中では頭ぼんやりしてます(薬が効きすぎてます)が、昨日同様ライブが始まれば元気になるでしょう。
 今日はさすがに会場まで問題なくたどり着く。ライブハウスで紗々ちゃんを観るのは初めてかな(しかも対バン)。ちょっといつもと勝手が違うので緊張。
 18:00になり、久住昌之さん率いるスクリーントーンズ登場。あの「孤独のグルメ」の作者さんです。ここに来る前に久住さんのニュース記事を読み、えー、そんなすごい人と対バンするの?と言う感じでこちらが緊張。番組を見てる人は馴染みの曲かもしれない、番組でサントラとして使用している曲を披露。
 しかし、緊張する一方で、アコギに縦笛、ピアニカ、って一体どういうバンド編成?先ずこの不思議さ丸出しの編成、そして音楽に混乱してしまう。縦笛の人はどうやらサキソフォン(クラリネットと勘違いしたダメなオイラ:-))、ピアニカの人はアコーディオンもやる模様。さらに、アップテンポな曲もあるのにリズム隊がいないのはおかしい、と思っていたら、やはりMCの中の話でフルだとパーカッションとギターの人もいる5人編成だと判明。
 いや、それでも謎はいっぱい。漫画家さんがここまで音楽に本格的に取り組んでいるなんてなかなかないし、「お母さんといっしょ」にも曲を提供したり、ブルースが大好きとおっしゃってみたり、音楽的方向性はやはり不思議な広さなのでした。つまり、曲は知らないのだが、さすが漫画家さんらしいユーモアのスパイスが効いていて、クスッと笑いながら思わず乗せられてしまうような、そんな音楽(あまちゃんブルースとかタイトルだけで笑えます)。40分くらいのライブ時間でしたが、ドラマサントラ用の曲は1分とか30秒とか短いものばかりで、トークのセンスも冴えてるにも関わらず20曲近く演奏したのでは?
 スクリーントーンズの終了後、そのまま紗々ちゃんとDJ SASAさんもステージに上がり、しばらくトークを披露。
 さて範田紗々with DJ SASA登場。ゆったりめのレゲエビートに乗せた癒し系Jポップ。
 必ずしも誉め言葉にはなってないかもしれないが、歌っている時の紗々ちゃんってキュートさがいつもの2倍になるなあ。思わず惚れ直します(^_^)v DVD作品やグラビアだと大写しになるから気づかないけど、全身を見るとメチャ顔小っちゃいですからね。

 演奏曲目は以下の7曲。

・マスカット・ココナッツ・バナナ・レモン
・君たちキウイ・パパイヤ・マンゴーだね
・愛・覚えてますか
・BEST FRIEND
・September
・ふり向かないで
・どんなときも

 紗々ちゃんのキュートな感じ、それとDJ SASAさんのほんわかした打ち込み演奏、独特の世界がありますね。

 2組のライブが終了後、会場でそのまま打ち合げへ。僕は飲む前に紗々ちゃんお手製のチリ・コン・カンが気になって、そのままカウンターで注文。かなり本格的で美味しかった。家ではもっと辛口だそうで、僕ももう少し辛口の味付けが好きかな。でも久住さんがおっしゃるように、家庭料理として毎日食べて飽きない味、と言う観点からはこれがベストの味付けなんだろうな。

 それにしても、帰る時に紗々ちゃんにお見送りしてもらえるなんて、身に余る光栄。ろくでもない夜の店員さんもありがとうございました。打ち上げはまだまだ続くようですが、一足お先に。
posted by DEEP ACID at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

DISKREVIEW: 範田紗々 with DJ SASA / DOUBLE S

150510_2036~01.jpg 「ふりむかないで」の昭和歌謡的楽しさ、「BON VOYAGE!」のちょっと切ない応援ソングも良い。だけどやはりオイラは「BEST FRIEND」がこのミニアルバムの肝。つらい時に優しく包んでくれる包容力と優しさが詰まっている。結局、DJ SASAさんのソフトな沖縄レゲエの真髄は、そういうOKINAWA(漢字ではなくローマ字書きしたのは、それだけ沖縄の心がインターナショナルに通じるものだと思うから)と言う故郷の魅力なのだと思う。範田紗々ちゃんとDJ SASAさんならではの包容力と優しさにあふれたコラボレーション。
posted by DEEP ACID at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

OKINAWAまつり@代々木公園

150509_1536~01.jpg と言うことで駒沢公園から代々木公園へ移動、範田紗々ちゃんのライヴを観る。なんか天気が怪しくなってきたが大丈夫か。田園都市線、世田谷線、小田急線を乗り継ぎ代々木八幡へ。
 会場に近づくにつれ、遠くから軽めのほんわかしたラガのサウンドが聞こえる。やってるな、と思ったらもう範田紗々 with DJ SASAのライヴが始まっているではないか!なんか事前のタイムテーブルで16:00頃かな、と勝手に思っていて、15:30頃早めに着いたつもりだったが、早く来て良かった。でもステージ前の席はすでに満杯、到着した時に鳴っていた「愛、覚えてますか」は2曲目で、1曲目の好きなマスカットココナッツバナナメロンは終わってしまったらしい、残念。次がBEST FRIENDS、ちゅらさんが朝ドラ史上最高傑作だと思っている自分にはナイス選曲!ラストは「どんな時も」、レゲエバージョンはほんわかしていて槇原敬之の原曲とはまた違う味わいがある。
 CDこそ聞いているが、DJ SASAさんとの共演生ライヴを聴くのは初めて。正直寝不足な上に歩き疲れていたので、このユルいラガのスローなビートは夏の始まる今の季節にピッタリでちょうど良い感じで気持ち良かった。
 そのあとフェスティバルの屋台を回る。昼間から酔っ払う、シークァーサービールをいただく。しまった、紗々ちゃんと撮影するのに顔赤くしたら失敗だな(汗)。
 TOWER RECORDSのテント発見、おぉ、CD即売に長蛇の列ができているではないか!ライヴ観ても思ったが、あのちょうど良いユルいダウンビートの音楽はこうした野外フェスにはピッタリ、紗々ちゃんの歌も良く、なかなか音楽活動もイケていて、これからもっと人気が出そうだ。
 と言う訳で2人がこのイベントのために作ったと言うCD「DOUBLE S」を購入、紗々ちゃんとDJ SASAさんのサインをいただいた上に3ショット撮影も!ライヴもエンジョイしたが、さらにソーキメンチカツもいただいて、この屋外イベントそのものを満喫!ちょっとアルコールが回り過ぎた、まだ明るいけどファンの皆さんにもご挨拶して、代々木公園をあとに。
posted by DEEP ACID at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

範田紗々BD

150419_1608~01.jpg1日遅れですが紗々BDを祝ってケーキを食す。
posted by DEEP ACID at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

HAPPY BIRTHDAY!

 範田紗々ちゃん、お誕生日おめでとう\^o^/
posted by DEEP ACID at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

週刊大衆 1/19号

150108_2331~01.jpg 巻頭グラビアに範田紗々ちゃん。着物が似合う日本女性だなあ。ブログの時のイメージが大きく違っていて、まさに女優と言う感じ。
#一方、時東ぁみにぃは見つからなかった、どこだ?
posted by DEEP ACID at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

バン狂わせ@ラゾーナ川崎プラザソル

140815_1844~01.jpg 最近は紗々ちゃん活動への参加がかなりおろそかになってます、なんか気分が落ち込み気味で身体が動かない。それでも夏休みくらいは会いに行きたいな、と言うことでラゾーナ川崎で公演中の「バン狂わせ」を観劇に行く。ラゾーナ川崎の場所が分からず最初川崎駅東側でうろうろ、チネチッタはお祭りやってました。なるほど、西側東芝工場がなくなった跡地に出来たのね。ラゾーナ川崎自体も広く、あれっ、映画館に出ちゃったぞ?ようやく多目的ホールを発見。予約してなかったので満席だったらどうしよう、と言う心配もありつつ無事当日券で。席もちょっと早めに到着したので端だけど最前列。
 「なんじゃこりゃあ!(C)紗々ちゃん」このジェットコースターみたいなものすごいスピード感で進むナンセンスギャグは!(ブログでもなかなか見れない紗々ちゃんのヘン顔!)こういう体力勝負でウケを取るコント、正直そんなに好きなジャンルではないけれど、暑さで感受性が萎えてる時でも力業でスカッと笑えるところは夏にピッタリ。最近の慢性ガス欠状態な自分でも久しぶりによく笑ったと言うか。
 物語の本筋と横路ネタがグルグル回って話が進むから、真面目に話を追おうとすると頭を使う、でもこれはナンセンスギャグなんだから生理的な部分で笑っちゃえばいい、特に面白い役者さんは舞台の上での動きだけでも笑える。しかもエネルギッシュ!まあかなりムダにエネルギッシュな訳ですが(笑)、それがまたスカッとした笑いにつながる。効果音の「ドカーン!」とか、どうでもいいところで笑えます。
 紗々ちゃんもメインの役者さんまでは行かなくても相当のセリフとアクション、こりゃ体力使い果たしそうなお芝居だなあ、お疲れさまです。坂上忍ネタはリアル過ぎて爆笑、役者って大変な仕事なんだなあ(って、しみじみ考える場面じゃないw)。舞台の後も少しお話する時間があって、久しぶりの紗々ちゃん活動を川崎で満喫しました。
posted by DEEP ACID at 21:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

DVDREVIEW: 脱衣麻雀病棟X

140705_1106~01.jpg 吉川あいみちゃん、範田紗々ちゃん主演Vシネ。なんかすごい設定のドラマだな、競馬やパチンコはTVでも見かけるが、麻雀は珍しい。いやそんなことより予告編が長すぎるw
 お医者さんごっこ(ではないw)、個人的にはセーラー服より白衣の方がw てか院内で打ってるってw 頭に付けてるのはミラーじゃなくCD!(爆)てか吉川あいみちゃんの患者の女子高生が愛美とか、ツッコミどころが多すぎてツッコミ切れない!(何あのアヤシイバーテンダー?)それにしても紗々ちゃん悪役がますます板についてきた!それにしてもあらためてムチャクチャなストーリー(ストーリーもだが個人的に麻雀ルールにも疎い)、いちおう何かのパロディ?>「私、失敗しないので」野球拳の麻雀版、さてどんな勝負になるのか?IQ300あると麻雀も強いの?バカなのでよく分かりません:-) ドクター中松って役名、本人に怒られないか?(爆)
 おっ、紗々ちゃん中国語しゃべってるな。ワハハ、くだらなさがハンパない、そこでロボット掃除機登場ですか。
 愛美ちゃんのラストは感動的なんだかよく分からない(汗)。
 みんな死んじゃった、と思ったらまだ最後にひと押し?いやいや、TO BE CONTINUEDっていったい?
posted by DEEP ACID at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。